専門の代行業務に依頼して瞬時に対応する

相続を始める

相続はどのような場合に開始するのでしょうか。

 まず初めに、相続は死亡によって開始します。民法(882条)  また、死亡だけではなく、失踪宣言や認定死亡も含まれます。  失踪宣言とは、ある人が行方不明となって生死不明となっている場合に、その人を法律上死亡したものとみなす制度です。  認定死亡とは、死亡した事実の確認はできていないものの、死亡と認定して戸籍簿に死亡を記載する制度のことです。大規模な災害や航空機事故などで、死亡した可能性が高いが遺体が見つからない場合もあります。そのため、認定死亡として戸籍簿上に死亡の記載を認めたものです。    さらに、死亡した人のことを、被相続人(ひそうぞくにん)と呼び、その財産上の地位を継承する人を相続人(そうぞくにん)と呼びます。

権利はだれにあるのでしょうか。

 相続には順位というものがあります。  まず、被相続人(死亡した人)の血族の内から次の順位で決められます。  まず、被相続人の子供です。  次に、子供がいない場合は、直系尊属です。直系尊属とは、父、母、祖父母など自分より前の世代の親族のことです。これには、義父、義母も含まれます。  最後に、兄弟姉妹です。  また、配偶者は常に相続人となります。  それぞれの順位の場合に、誰がいくらもらのかが民法で定められています。  ただし、遺言の指定がある場合は遺言が優先されます。   さらに、相続人を廃除することもできます。これは被相続人に対して虐待、侮辱や著しい非行があったと家庭裁判所が認める場合に該当します。この廃除は遺言による申し立てによっても可能です。