専門の代行業務に依頼して瞬時に対応する

申告を行う

税理士の仕事内容について

税理士は税務のプロです。その為、主に税務の仕事をしています。1つ目は納税者の代わりに税金の申告を行います。2つ目はその税金の申告の書類を税務署に提出します。3つ目は税務相談です。広報誌によく「税務相談の日」とお知らせが記載されますがそのときに税務全般の相談にのるのが税理士の仕事です。確定申告の仕方や税金を納める必要があるのかどうかなどの相談に乗ってもらうことができます。また、税金を納めすぎた場合の税務署での手続きなどの相談や節税の相談など税務全般相談することが可能です。最近なら相続税に変更がありましたのでその相続関係の相談にも乗ってくれます。税金で迷うことがあったら迷わず税理士に相談してみましょう。

税務の仕事と企業のサポート

税理士の仕事で大きな部分を占めているのが税務です。しかし、企業の経営者は税務処理だけを求めているわけではありません。より大きく企業が成長するためのアドバイスを求めていることもあります。具体的にどんなことをすれば良いのか、その時の税務上の注意点などのアドバイスを求めているのです。税務のプロとしての税理士の意見が欲しいのです。どうすれば税務処理や経営がよくなるのかといった視点をもっている税理士が欲しいのです。経営上の相談相手になってくれる税理士がいいのです。経営ならその方面のコンサルタントもいますが、税務に強い税理士だからこそのアドバイスが必要なときもあります。企業がより安定して成長していくことができれば納税も安定し、社会を潤していきます。